タシカな不動産ブログ

NICO Papaブログ


不動産の買い方

あなたにとって最善の策

不動産を買おうとしたときに、皆さんは何をしますか??

 

・ネットを検索する

 

これが、一番多い回答じゃないかと思います。

 

そして、ネットを検索するのには様々な方法がありますね。googleなりyahooなり開いて、なんと入力するでしょうか。

 

〇〇駅 不動産 一戸建て 購入

 

こんな感じかもしれませんし

 

不動産 買い方 

 

もっとザックリとしたことかもしれません。もしくは、もっと手軽に各種ポータルサイトを検索していきなり物件情報を見るのかもしれませんね。

 

何が皆さんにとって最善なのでしょうか??

 

 

まず、念頭に

 

不動産を買う=人生で一番大きな買い物する

 

ということを思い出してほしいのです。

 

 

多くの人にとっては、人生で初めての買い物なのに、人生で一番大きい買い物というのが持家です。物凄い決断をいきなり迫られるんですね。

 

だからこそ、本当に自分のために親身になってくれるエージェントと出会えるかどうかがとても大きいということを改めてお伝えしたいのです。

 

 

エージェント=お客様の代理人としてお客様の利益のために働く仲介人

 

 

私たちはそう捉えています。最近、不動産業界についてのネガティブ話題になっているのが

 

【両手仲介】【囲い込み】

 

ですが、ご存知でしょうか。

 

私たちが、売主側の業者に“レインズ”掲載されている物件の問い合わせをした時に

 

「商談中です」「もう終了しました」「契約予定です」

 

等々、売れていないのに売れたように装って、自分たちの顧客にのみ物件を紹介しているということがままあるのです。悲しい事ですが、これは事実ですね。

 

サラリーマンである営業マンは、自分の売上実績のために両手仲介を狙うのが当たり前と言えば当たり前。各店舗の責任者から、それを支持されるということもあるのが現実です。

 

当社では、売主様から預かって売却をしている物件は殆どありません。

 

もし売却を依頼された場合は公開物件として取扱い、一番高く売れることを目指します。また、自社で買主を紹介できたとしても、売主様の希望価格に到達しなかった場合自分達の手数料を減額することで実質的に顧客の手元に入る現金が多いと判断すれば柔軟に手数料を調整して売主様が安心して取引できるように努めています。

 

何よりも、お客様としては「タシカに任せたい」と言って依頼をしてくださっているのですから、両手だからダメということでもありません。そもそも、大手でも何でもない小さな会社である当社に依頼してくださる方はよっぽど当社を信頼してくれています。

 

「タシカが儲かれば嬉しい」と言ってくださるお客様しか、当社には依頼してきません。そこは大手との大きな違いかもしれません。

 

 

話は少し脱線しましたが・・・

 

 

お客様が不動産を買うのに、最も適しているのは

本当に自分のために親身になってくれるエージェント

と、力を合わせて購入することだと思います。

 

そして、不動産の購入には様々な法律が絡みます。優遇税制・税金控除などもタイミングによって変わりますし有利な貸し出し条件等も違います。

 

 

ネットをたたいて頭でっかちになるよりも答えは現場にあります。

 

 

相談できるエージェントを見つけて、どういう人生を歩みたくて家を買うことにしたのかを話してみてください。自分が言葉にするうちに、本当にやりたかったことが見えてくることもあります。

 

条件の羅列(価格・徒歩分数・方角・間取り)だけではなくて、本当にかなえたいことがなんなのかをよく考えて話し合って、不動産を購入してくださいね。

 

その為の力になりたいと、私たちは願っています。

 

 

 

0 コメント

1番の友達

「パパは一番の友達だよ」

 

最近、3歳の娘はこう言います。

 

いつも遊んでくれるし

一番優しいし

一番カッコいいから

 

ということだそうです。

 

今春から幼稚園に行けば

また違った雰囲気のおませな

言葉や態度を覚えてきて

可愛いことも、腹立つことも

色々言われるだろうなと。

 

でも、一番の友達の座は

譲るつもりはありません。

友達から、恋人に昇格するのも

わるくないかもしれないけど(笑)

 

年中さんの長男も未だに

抱っこや肩車が大好き。

妹が抱っこされていると

一緒に抱っこされに来ます。

 

2人を抱っこすると、33kgは

あるから腰へのダメージも

かなりのもんですが、幸せの

重みを受け止められる今を

大事にしようと思っています。

 

子どもにとって、パパやママが

「友達」であることが

良いか悪いかは論じるのが

難しいけれども・・・

 

「一番近い存在」

 

でいることは、良いに決まっている。

そう思います。

 

なんせ、産まれてから、一番一緒に

時間を過ごし、自分の根幹になる

言葉遣いや考え方などは

親から学んでいるわけです。

 

全く同じ存在ではないし

思想信条は大人になればガラッと

変わって、似ても似つかない面もありますが

 

やはり、どんな時でも

自分をなげうってでも大事にしたい

と思える我が子。

 

魂レベルで、一番近くにいたいと思いますね。

 

 

何気ない一言から、色々考えさせてくれる。

子どもというのは本当に親にとって

何かを教えなければならない存在ではなく

教えてくれる存在だなと思います。

 

さすが、僕の一番の友達!!

 

0 コメント

ファンタジー

明後日はもうクリスマス・イヴ。

 

クリスマス・イヴといえば、子ども達には

サンタクロースからプレゼントが届く日♪

 

25日の朝、枕元に置いてあるプレゼント

 

見つけた時の喜びに代わるものは

そうそう見当たらない。

 

ショッピングセンターのイベントでは

見たことがあるけど、現実なのか非現実なのか

よく理解できないサンタクロースという存在。

 

その謎めいた、完全なる善意の人から

プレゼントが届くという不思議。

 

完全なるファンタジーの世界。

 

自分が子供の頃に貰ったプレゼントは

その時の「わぁっ」という喜びとともに

明確に覚えている。

 

我が子のため、自分がサンタクロース

としての活動を始めると、あのころの両親が

どのような思いでプレゼントを買って

くれていたのかに想いを馳せるようになる。

 

 

子どもにとってみれば、ファンタジーは

これからの生きる希望になる気がする。

 

サンタクロースのおじいさんという

不思議な人が自分を見てくれている。

 

世界のだれに対しても、きっと同じように

優しい目を向けてくれているんだろうと。

 

ただ願うだけではプレゼントは届かなくて

 

「○○を頑張ったら」

「いい子に出来たら」

 

条件付きのサンタクロースもいると思うけど

願いは、努力すれば叶うということがわかる。

 

そして、その全ては親からの愛だったという

それに気づけたとき、本当のサンタクロースの

有り難さに気がつく。

 

 

子ども達が寝静まってから、音を立てないように

プレゼントを置く瞬間のドキドキする自分。

 

朝、大騒ぎをする子供たちの横で

夫婦で目くばせして「良かったね」

 

 

聖夜にサンタクロースが届けてくれる

言葉の要らない幸せは

 

僕たち親への1年のねぎらい

なのかもしれない。

 

そう思うと、やはり人生の先輩である

サンタクロースのおじいさんの愛は深くありがたい。

 

ともかく、やるからには楽しまなくちゃ損!

サンタクロースからの贈り物を

みんなで受け取りましょう。

 

☆メリークリスマス☆

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

愛し愛される人になる

このところ、高齢者の起こす自動車事故のニュースを

よく耳にします。

 

キッカケは、横浜市で起きた小学生の登校列に

80歳超の高齢者が運転する車が事故を起こして

突っ込み、1年生の男児が死亡した事故でしょう。

 

あの事故の被害者となった男児は私の

同級生の息子さんでした。

 

お母さんとなった同級生は、気丈に

SNSに想いを書き込んでいました。

人・社会への恨みつらみ等は全く無く

愛する人に想いを伝えることを忘れないでという

メッセージがそこにはありました。

 

想いを書き込むことで彼女の救いになると

いいなと、願うばかりです。

 

「老い先短い人に“殺される”のは勘弁」

「75歳過ぎたら、免許なんて返納しろ」

 

そんな意見も溢れ出ますよね。

それは当然。自分だってそう思う部分もある。

心の中に【TRUMP的発想】は渦巻いているもの

じゃないかと思います。

 

また、70代の人は自分の運転に

自信を持っている人の率が、若い世代より

多いというのも事実。

 

頭は固くなっている。俺は正しいと思ってる。

体の機能は落ちている。でもまだできると思ってる。

 

事故起こしてから

 

「こんなはずじゃなかった」

 

じゃ、ただのバカなんだから、早いところ

自分と向き合うのが正しい大人じゃない?!

 

全員そんなことできるわけないから

全員免許返納にさせよう~!

 

というのが、仕組みで世の中の安心を作ろう。

ってことでしょうし、将来は自動運転が出来れば・・・

 

という話も出てくるでしょう。

 

それよりなにより、高齢者が一人で車を運転して

出かけないと生活できない社会が、美しいかどうか。

 

「病院に通院するのに

車じゃないと不便」

 

そもそも病院に行く人が運転って・・・。

 

「たまに会う子どもや孫を

車で送って行ってあげたい」

 

たまにしか会わないから、特別なことをしないと

愛情を伝えられないと思ってしまう。

 

家族はやっぱりなるべくそばにいて

年老いてもまだまだできる強さも、出来なくなった

弱さもすべて見て分かって支え合えるのが

家族の在り方なのではないかと思う。

 

自分の考えが正しいかはわからない。

色んな事が、ズレているかもしれない。

 

でも、弱い人が糾弾されるような世の中は

全然魅力的じゃないと思う。

 

利便や効率が大事なわけではない。

全てを効率化したいなどという言葉を

バラエティで堂々というようなアホ党首が

野党にいる限り日本は良くならないと思う。

 

心の根っこを、しっかり育ててあげられるような

そんな親が増えればいいなと思います。

 

結局は僕ら一人一人の責任。

目の前の子ども達に

精一杯の愛を注ぎましょう。

 

大きくなっても、世話になったあの爺ちゃん婆ちゃん

に会いたい!と、いつも訪ねてきてくれるような

そんな人間になれたら最高ですよね~。

0 コメント

生き方を考える

より良い未来をつくっていきたい。

 

そう思った時に、皆さんは何を大事に

生きればいいと思いますか?

 

私は、昔からこれが一番大事と思っている

ものがあります。

 

それは「御縁」です。

 

な~んだ。と思うかもしれませんね。

ですが、これを意識して動くことで

人生変わるんじゃないかと、真面目に

思っています。

 

 

良い縁ばかりではありません。

中には悪い縁というものがあります。

 

その悪い縁が邪魔をして、自分が

本来果たせる役割を果たせない。

 

ちょっと目を閉じて、自分の周りの

御縁を考えてみるとそういうのって

あると思いませんか。

 

良い御縁、良い仲間と共にいれば

自分自身が向上するチャンスが来る。

 

良い仲間と出会った時に、今ココだ!

と、波に乗ることが出来るかどうか。

この感覚を養うには、出会いや別れを

多く経験するしか方法はないですよね。

 

思えば、いろんな出会いがありました。

 

その分、別れも多くありました。

 

大事に出来た人もいれば、そうでない人の

ほうが多い気がします。

 

人には、其々のキャパシティがあります。

全ての人に対して、同じように向き合う

時間を取ることはできません。

 

分相応を自分で理解して、足元を固めて

動いていると、そのうち勝手に周りに人が

集まっている・・・それが理想じゃないかと。

 

やみくもに動くと、悪い御縁とも繋がり

やすくなるそうです。

 

自分は何のために生きるのか。

どんな姿を子どもに見せることが役割か。

 

改めてよく考えないと、

時代の波に飲まれてしまいそう。

 

きっと皆さんは優しいから

子どもの未来は心配して

色んな手を打とうとしているでしょう。

 

でも、将来、自分の子たちが

健やかに育ったはいいけども

迷惑をかける親になるかならないか。

 

本当に子どもにとって大事なのは

子どもの未来を思うことではなく

自分自身の未来を、今から

しっかり見据えて生きるかどうか。

 

「自分の」です。

 

子どもの未来は、子ども自身が

切り開いていきますから。

 

自分の未来をどうつくるか。

何よりもそこに真剣じゃないと

子どもにとって邪魔な親に

なりかねませんよね。

 

子どもが巣立つのなんてもうすぐです。

 

そのあと、未来の自分は

何をして生きるだろう。

実はその後の人生の方が

長いんですよね。

 

 

AIにとってかわられない、自分の

存在価値をどこに見出そうか。

答えは、いつも会っている家族や

仲間が教えてくれる気がします。

 

さぁ、未来のための今日一日を

 

どう生きましょうか。

 

0 コメント