不動産を売りたい方

不動産売却は、購入よりも難しい。そうお感じになる方が多いのではないでしょうか。

 

物件には、住んだ人の想いがこもっています。

市場の変化によって、適正な価値を見出す事も難しさはありますが

一番の難しさは、本当に託したいと思う相手に出逢う事ではないでしょうか。

 

私たちが一番大事にしたいのは、そこです。

 

「任せて良かった」「ありがとう」 お客様からの言葉を頂けたとき

私たちは、この事業をやらせて頂いて、世の中に貢献出来た事に

目の前にいらっしゃるお客様の人生に寄り添えた事に感動します。

 

何のために仕事をするか、それは、出逢った人の人生のお役に立つため。

 

どんな理由でご売却をされるかによっては「価格が全て!」なんてことも、無くはないのでしょうが…。大事な財産を次に託すのですから、トラブルにならない・徳を積んだ気がする そんな取引を目指して仕事をさせて頂いております。

不動産売却の流れ

ステップ1

査定依頼

査定価格とは通常、査定日現在の売却が可能な価格のことです。まずは直接お会いしてのご相談承ります。また、実際に現地を詳しく拝見させていただく必要がございます。上記をもとに、近隣の相場や、過去の売買事例を参考にして査定価格をご提案します。

ステップ2

売却価格の決定

売却価格を、市場価格より高めに出す事はあまりお勧めしていません。売れる価格で適正に売却をかけた場合はトラブルが少ないです。高く見える価格で出すと、結局、値引交渉等々でお互いあまり良い気持ちをせず細かい事で揉めたりしています。

ステップ3

レインズその他ポータルサイトへの掲載

速やかに、レインズ・その他ポータルサイトに物件情報を公開します。“両手”取引ばかりを狙って、客付業者に物件を紹介しない等という囲い込みをする業者が未だに散見されますが…不動産は信頼が全てと思いますので当社ではルールを適正に遵守します。売主様のご事情で掲載をしたくない場合は個別に相談に応じます。

ステップ4

購入申込が届いたら

購入希望者が、契約履行できるかどうかは売主としては気になりますね。ローンの事前審査が通っていたり、お勤め先やお人柄などをなるべく包み隠さずお聞きします。お互いが気持ちよく取引できるよう仲介業者とのコミュニケーションを図って契約の準備を進めます。

ステップ5

不動産売買契約(重要事項説明)

金額等の条件について双方合意が出来ましたら売買契約を行います。契約時には手付金(物件価格の5%程度)を受領します。細かい点では、契約書に貼付する収入印紙なども必要になりますが、仲介業者が手配しますのでご安心ください。

ステップ6

ローンの返済手続き等、お引渡準備

お引渡前に、必要な準備をお手伝いします。物件によって違いますが、確定測量・解体手配・ローン返済手続き・管理会社連絡・仮住まいの手配 etc  煩雑なお手続きをワンストップでお手伝いさせて頂きます。

ステップ7

お引渡し(決済)

9割方は平日午前中に決済をしますので、仕事を休む段取りをしておきましょう。仲介業者・司法書士などが連携して、お取引の成立にお導きします。残代金の受領と同時に、各諸費用もお支払いをして、お手続きは完了となります。

不動産売却の流れ

不動産売却の流れは、一つ決まったやり方があるわけではありません。

 

査定も大事でしょう。でも、これは人によって見方が違います。どういう相手にどういうストーリーで販売するのかによって全く違う金額が出ると言う事もあり得ます。データ蓄積による金額だけが査定の必要十分条件ではないのです。

 

比較的売買事例の多い分譲マンションなどは価格が出しやすいですが、それでもお部屋の使用状況などによって金額は変わります。確実に一つだけ言えることはこれです。

 

 

『見積が高かった会社に任せるは、間違いです。

 

 

売却を決める時は、依頼する相手がどれだけ自分達のために親身になって考えてくれて、一緒に考えてくれるかを大事にしましょう。ここで正しいパートナー選択を出来ないとベストな方法は到底見つけられません。

 

売却するのか、実は他に方法があるのか?!

 

まずはご相談にお越しください。いつでもお待ちしています。

 

㈱タシカへのお問合せ